システムエンジニアはフリーランスになって客先常駐から脱出!

不満だらけの常駐から抜け出そう!

LINK

フリーランスで自由を手に入れる

フリーランスで自由を手に入れる
Pocket
LINEで送る

客先常駐からフリーランスへ

常駐先の企業でシステムエンジニアとしての経験を積んだら、次のステップでフリーランスになるという方法も選択肢のひとつになります。フリーランスのシステムエンジニアになると、働き方の幅を大きく広げることができます。その中には、客先常駐という形での契約をして企業の開発案件に加わる場合もありますが、会社員として常駐するのに比べて収入は増えていきます。また、仕事も自分で選ぶことができるようになるので、スキルアップをしたい分野の仕事を選んで働くことも可能です。客先常駐がメインの会社の社員になると、システムエンジニアとしての経験と年数を積み上げるほどに、自分の立場が不利になっていくという理不尽な環境に置かれてしまうことも少なくないため、どちらにしてもいつかは転職を考えることになる可能性が高くなります。
フリーランスになると、企業に常駐するにしても在宅で仕事をするにしても独りという立場になりますが、既に企業に単独で常駐する経験をしているので、抵抗なくその環境を受け入れることができるでしょう。むしろ、下請けや派遣感覚で扱われることもある客先常駐よりも、フリーランスの方が対等な立場で仕事に関わることができるかもしれません。

フリーランスは稼げる

フリーランスのシステムエンジニアになることの最大のメリットは、やはり高報酬が期待できることです。同じ客先常駐でも、間に会社が入れば自分の手元に入るお金は利益のほんの一部ですが、フリーランスになると、同じ仕事内容だったとしても報酬は全て自分のものになるので、必然的に高収入になります。また、オフィスをわざわざ用意しなくても、自宅でパソコン環境さえ整っていれば何ら問題なく仕事ができるので、経費がかからず利益が多くなります。税金面でも対策次第では節税しやすい仕組みがあるので、スキルと経験があるならば、フリーランスになるメリットはかなり大きなものになります。

フリーランスは自由

フリーランスのメリットとしてもうひとつ大きいのが、自分の時間を自由に使えるという点です。客先常駐社員の頃は、契約先の企業の就業時間に合わせて通勤しなくてはなりませんでしたが、フリーランスになるとどのような仕事をするかを自分で決められるので、会社員に比べると自由度が圧倒的に高くなります。最近では、在宅でできる開発案件なども多くなっているので、そのような案件を受けて納期さえしっかりと守れば、いつどんな時に仕事をしてもかまわない自由があります。ただし、自分から動かなければ仕事もないので、稼ぐためには積極的に様々な仕事にチャレンジするという姿勢も大切です。

おすすめ記事をお届け

  • フリーランスで自由を手に入れる
    フリーランスで自由を手に入れる

    自分の時間を自由に操りながら、やりたい仕事を手掛けて収入も大幅に増えるというのであれば、誰でもフリーランスをやりたいと思うのではないでしょうか。手に職のあるシステムエンジニアであればその生活を手に入れることができます。客先常駐という働き方は、キャリアの通過点として見れば悪いことばかりではありませんが、キャリアアップどころか続けていくことすら困難になることもあるため、将来についてよく考えておく必要があります。詳しくはこちら

  • 経験は転職にプラスになる
    経験は転職にプラスになる

    システムエンジニアとしての将来性という観点で客先常駐という働き方を考えてみると、デメリットばかりが目立ってしまいます。しかし、その後転職を考えているのであれば、客先常駐もいい経験として見ることができるでしょう。何よりも、いくつもの企業の現場を見て実際に働くことができる環境は、客先常駐だからできるものでもあります。後は転職のタイミングが遅くなり過ぎてしまわないよう、抜け出すチャンスを見逃さないことです。詳しくはこちら

  • 幅広い技術に携わること
    幅広い技術に携わること

    客先常駐として働く最大のメリットとも言えるのが、システムエンジニアとしての経験値が上がるという点です。契約期間が終了しては次の職場に移るという生活は負担が少なくありませんが、新しい環境でプロジェクトを手掛けることができるのは、上昇志向のある人にとっては魅力でもあります。地道に経験を重ねていけばその先のキャリアにも大いに役立つので、デメリットばかりにとらわれず、仕事に対して積極的な見方をすることも大切です。詳しくはこちら