客先常駐システムエンジニアの悲しい現実

不満だらけの常駐から抜け出そう!

LINK

悲しい悲しい客先常駐

客先常駐のシステムエンジニアを取り巻く環境は、決して良いものではありません。もちろん全てにおいて良いことが全くないというわけではなく、システムエンジニアとしてのスキルアップになる部分もありますし、様々な職場へ行くことで新しい出会いも増えます。しかし、それらを差し引いて考えてみても、デメリットが多いことは否めない悲しい現実があります。では具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。いくつかのデメリットについて考えてみましょう。

正社員なのに派遣と同じ働き方

正社員として働くために頑張って就職したはずが、やっていることは派遣の仕事と同じなのが、客先常駐の悲しい現実です。給与は安定していると割り切れればいいですが、やはり心のどこかで不本意な気持ちを抱えることもあります。 詳細へ

出世の可能性が限りなく低い

仕事における将来性は、人生設計を立てるにあたって考えておきたい重要なことです。その点で客先常駐について見ていくと、仕事を続ければ続けるほど出世していくことがかなり難しい立場であることがよくわかります。 詳細へ

タイムリミットがある

深く考えると悲しいことですが、客先常駐という働き方には2つのタイムリミットがあります。ひとつは常駐先との契約のタイムリミットで、もうひとつは雇用そのものを危うくしかねない「商品」としてのタイムリミットです。 詳細へ

経営者側の考え方を知る

客先常駐という働き方を経営者側から見てみると、様々なメリットがあるということがわかります。社員の教育や会社の運営費用を抑えながら手堅く利益を増やしていくことができますし、借金の必要もほとんどありません。 詳細へ

おすすめ記事をお届け

  • フリーランスで自由を手に入れる
    フリーランスで自由を手に入れる

    自分の時間を自由に操りながら、やりたい仕事を手掛けて収入も大幅に増えるというのであれば、誰でもフリーランスをやりたいと思うのではないでしょうか。手に職のあるシステムエンジニアであればその生活を手に入れることができます。客先常駐という働き方は、キャリアの通過点として見れば悪いことばかりではありませんが、キャリアアップどころか続けていくことすら困難になることもあるため、将来についてよく考えておく必要があります。詳しくはこちら

  • 経験は転職にプラスになる
    経験は転職にプラスになる

    システムエンジニアとしての将来性という観点で客先常駐という働き方を考えてみると、デメリットばかりが目立ってしまいます。しかし、その後転職を考えているのであれば、客先常駐もいい経験として見ることができるでしょう。何よりも、いくつもの企業の現場を見て実際に働くことができる環境は、客先常駐だからできるものでもあります。後は転職のタイミングが遅くなり過ぎてしまわないよう、抜け出すチャンスを見逃さないことです。詳しくはこちら

  • 幅広い技術に携わること
    幅広い技術に携わること

    客先常駐として働く最大のメリットとも言えるのが、システムエンジニアとしての経験値が上がるという点です。契約期間が終了しては次の職場に移るという生活は負担が少なくありませんが、新しい環境でプロジェクトを手掛けることができるのは、上昇志向のある人にとっては魅力でもあります。地道に経験を重ねていけばその先のキャリアにも大いに役立つので、デメリットばかりにとらわれず、仕事に対して積極的な見方をすることも大切です。詳しくはこちら