常駐脱出には転職エージェントを活用すべし

不満だらけの常駐から抜け出そう!

LINK

転職エージェントに任せれば問題なし

転職エージェントに任せれば問題なし
Pocket
LINEで送る

転職エージェントで常駐を脱出

転職を考えている客先常駐のシステムエンジニアであれば、転職エージェントを活用するとうまく現状から脱出することができます。仕事探しというと、ハローワークに行けばたくさんの求人があるイメージを持っているかもしれませんが、IT系の求人はエージェントを通して募集している企業も多く、公開案件だけでなく非公開の希少な求人も保有しているので、経験とスキルを活かして本格的に仕事をしたい人であれば、なおさらエージェントは心強い味方になることでしょう。

転職エージェントを使うメリット

転職エージェントを活用するメリットは数多くあります。面倒な履歴書や職務経歴書も、一度作成してしまえばそのデータを使いまわすことができるために手間がかかりません。また、それらの書類を作成するためのアドバイスなどもエージェントから受けられるのでとても助かります。学生などの就職活動とは違い、転職活動の場合は仕事をしながら並行して行わなければならない場合もあるので、エージェントが企業との間に入って条件面や面接スケジュールなどの調整も全てやってくれるのは、かなりの労力削減になります。そして、転職に伴う不安や疑問など様々なことを相談することができる担当者がついていてくれるのは、心理的にもかなり落ち着いた気持ちでいられるだけでなく、実際に転職までの経緯をスムーズなものにすることができるでしょう。

ワークポート

IT・インターネット・ゲーム業界への転職エージェントとしておすすめなのが「ワークポート」です。

ワークポートの無料転職相談サービスは、これまでの転職相談はもちろん、『コンシェルジュ』のように転職活動のさまざまなご要望にお応えします。

**ワークポートテック**
登録、相談は無料ですが、専任の転職コンシェルジュがひとりひとりに合った転職をフルサポートしてくれます。IT系の業界に特化した転職サポートのスペシャリストだけあって、保有している求人も日本全国から集められています。それぞれの企業が望む人材像などに関しても詳細に理解しているので、企業から選ばれるための履歴書の作成や面接のコツなどを的確にアドバイスすることができます。

エンジニア求人サイト

エンジニア求人サイト

システムエンジニア転職ナビ

システムエンジニアとしての転職に的を絞るならば「システムエンジニア転職ナビ」の活用がおすすめです。

非公開求人の求人数は、全体の90%(※)を占めており、一般に公開されている求人の約5.5倍です。

**システムエンジニア転職ナビ**
IT職にも種類がありますが、その中でもシステムエンジニアに特化しているため、客先常駐で培ってきた経験を活かせる企業を探しやすいでしょう。専任のコンサルタントも高い専門知識と業界の動向についてしっかりと理解しているため、本人の持っているスキルや経験を最大限に評価してくれる企業とうまくマッチさせることができます。企業との交渉も全て任せられるので、忙しい中でも手を抜かずに転職活動に集中することが可能になります。

エンジニア求人サイト

エンジニア求人サイト

おすすめ記事をお届け

  • フリーランスで自由を手に入れる
    フリーランスで自由を手に入れる

    自分の時間を自由に操りながら、やりたい仕事を手掛けて収入も大幅に増えるというのであれば、誰でもフリーランスをやりたいと思うのではないでしょうか。手に職のあるシステムエンジニアであればその生活を手に入れることができます。客先常駐という働き方は、キャリアの通過点として見れば悪いことばかりではありませんが、キャリアアップどころか続けていくことすら困難になることもあるため、将来についてよく考えておく必要があります。詳しくはこちら

  • 経験は転職にプラスになる
    経験は転職にプラスになる

    システムエンジニアとしての将来性という観点で客先常駐という働き方を考えてみると、デメリットばかりが目立ってしまいます。しかし、その後転職を考えているのであれば、客先常駐もいい経験として見ることができるでしょう。何よりも、いくつもの企業の現場を見て実際に働くことができる環境は、客先常駐だからできるものでもあります。後は転職のタイミングが遅くなり過ぎてしまわないよう、抜け出すチャンスを見逃さないことです。詳しくはこちら

  • 幅広い技術に携わること
    幅広い技術に携わること

    客先常駐として働く最大のメリットとも言えるのが、システムエンジニアとしての経験値が上がるという点です。契約期間が終了しては次の職場に移るという生活は負担が少なくありませんが、新しい環境でプロジェクトを手掛けることができるのは、上昇志向のある人にとっては魅力でもあります。地道に経験を重ねていけばその先のキャリアにも大いに役立つので、デメリットばかりにとらわれず、仕事に対して積極的な見方をすることも大切です。詳しくはこちら