転職希望者必見!システムエンジニアの客先常駐について知ろう

不満だらけの常駐から抜け出そう!

LINK

IT業界に転職しようとしている方へ

これからシステムエンジニアとしてIT業界へ転職しようと思っているならば、企業を選ぶ際に注意しておきたいポイントがいくつかあります。IT業界の中でもシステムエンジニアとしての転職者向けの仕事は、業界専門の転職エージェントを活用すれば数多く見つけることが可能ですが、実際の仕事内容が自社開発や受注案件をこなす企業なのか、それとも客先常駐がメインになる仕事なのかによって、将来の方向性が全く異なってきてしまいます。

正社員なのに派遣と同じ働き方

客先常駐のシステムエンジニアの中には、正社員として雇用されているのに自分の居場所が定まらず、派遣社員と変わらない日々に疲れを感じている人もいるでしょう。そうならないよう、これから転職する方は参考にしてください。 詳細へ

出世の可能性が限りなく低い

仕事における将来性という観点から見ると、客先常駐として働く社員が出世するという可能性は限りなく低いことがわかります。それは、出世コースを歩む普通の会社員と客先常駐社員の働き方を比較してみれば一目瞭然です。 詳細へ

転職エージェントに任せれば問題なし

IT業界への転職を考えているのであれば、転職エージェントの活用がおすすめです。エージェントに相談すれば個人ではなかなか知ることのできない情報を知ることができますし、希少な求人案件を紹介してもらうこともできます。 詳細へ

おすすめ記事をお届け

  • フリーランスで自由を手に入れる
    フリーランスで自由を手に入れる

    自分の時間を自由に操りながら、やりたい仕事を手掛けて収入も大幅に増えるというのであれば、誰でもフリーランスをやりたいと思うのではないでしょうか。手に職のあるシステムエンジニアであればその生活を手に入れることができます。客先常駐という働き方は、キャリアの通過点として見れば悪いことばかりではありませんが、キャリアアップどころか続けていくことすら困難になることもあるため、将来についてよく考えておく必要があります。詳しくはこちら

  • 経験は転職にプラスになる
    経験は転職にプラスになる

    システムエンジニアとしての将来性という観点で客先常駐という働き方を考えてみると、デメリットばかりが目立ってしまいます。しかし、その後転職を考えているのであれば、客先常駐もいい経験として見ることができるでしょう。何よりも、いくつもの企業の現場を見て実際に働くことができる環境は、客先常駐だからできるものでもあります。後は転職のタイミングが遅くなり過ぎてしまわないよう、抜け出すチャンスを見逃さないことです。詳しくはこちら

  • 幅広い技術に携わること
    幅広い技術に携わること

    客先常駐として働く最大のメリットとも言えるのが、システムエンジニアとしての経験値が上がるという点です。契約期間が終了しては次の職場に移るという生活は負担が少なくありませんが、新しい環境でプロジェクトを手掛けることができるのは、上昇志向のある人にとっては魅力でもあります。地道に経験を重ねていけばその先のキャリアにも大いに役立つので、デメリットばかりにとらわれず、仕事に対して積極的な見方をすることも大切です。詳しくはこちら