システムエンジニアとして独立を目指す方へ

不満だらけの常駐から抜け出そう!

LINK

独立を目指す方へ

客先常駐のシステムエンジニアは、多くのケースで年齢が若いエンジニアが好まれる傾向があります。その理由のひとつには、経験あるエンジニアのコストが高いということもあります。そうであれば、年齢を重ねれば重ねるほど仕事が少なくなる客先常駐の仕事を続けるより、独立をした方が安定的に稼げる可能性が広がります。それまでの経験で培ったコミュニケーション能力も、独立後には自分を支えるスキルとして役立てることができます。

必然的に鍛えられるコミュニケーション能力

独立を目指している人であれば、職種に関係なく必要になるのがコミュニケーション能力です。客先常駐のシステムエンジニアは多くの人と接する機会があるので、能力向上を意識して仕事をすると必然的に力をつけることができます。 詳細へ

活躍するなら案件紹介サイトで

フリーランスのシステムエンジニアとして独立を考えているならば、ぜひ知っておきたいのが案件紹介サイトです。ただ案件を紹介するだけでなく、フリーランス生活全般をサポートしてくれるので、とても心強い存在になるでしょう。 詳細へ

タイムリミットがある

将来フリーランスのシステムエンジニアとして独立を考えている人にとって、客先常駐の経験はプラスになることもありますが、タイムリミットが早い段階で訪れるので、いいタイミングで独立できるように計画を立てましょう。 詳細へ

おすすめ記事をお届け

  • フリーランスで自由を手に入れる
    フリーランスで自由を手に入れる

    自分の時間を自由に操りながら、やりたい仕事を手掛けて収入も大幅に増えるというのであれば、誰でもフリーランスをやりたいと思うのではないでしょうか。手に職のあるシステムエンジニアであればその生活を手に入れることができます。客先常駐という働き方は、キャリアの通過点として見れば悪いことばかりではありませんが、キャリアアップどころか続けていくことすら困難になることもあるため、将来についてよく考えておく必要があります。詳しくはこちら

  • 経験は転職にプラスになる
    経験は転職にプラスになる

    システムエンジニアとしての将来性という観点で客先常駐という働き方を考えてみると、デメリットばかりが目立ってしまいます。しかし、その後転職を考えているのであれば、客先常駐もいい経験として見ることができるでしょう。何よりも、いくつもの企業の現場を見て実際に働くことができる環境は、客先常駐だからできるものでもあります。後は転職のタイミングが遅くなり過ぎてしまわないよう、抜け出すチャンスを見逃さないことです。詳しくはこちら

  • 幅広い技術に携わること
    幅広い技術に携わること

    客先常駐として働く最大のメリットとも言えるのが、システムエンジニアとしての経験値が上がるという点です。契約期間が終了しては次の職場に移るという生活は負担が少なくありませんが、新しい環境でプロジェクトを手掛けることができるのは、上昇志向のある人にとっては魅力でもあります。地道に経験を重ねていけばその先のキャリアにも大いに役立つので、デメリットばかりにとらわれず、仕事に対して積極的な見方をすることも大切です。詳しくはこちら