客先常駐システムエンジニアのメリット

不満だらけの常駐から抜け出そう!

LINK

ささやかなメリット

数えあげていくとデメリットばかりにも見える客先常駐という働き方ですが、仕事をしていく上でメリットが全くないというわけではありません。契約毎に常駐先が変わるということは、システムエンジニアにとっては技術を増やすチャンスとも考えることができます。また、様々な企業を渡り歩くことによって、人との出会いが増える分だけコミュニケーション能力を高める訓練にもなるので、システムエンジニアとして大きく成長する助けになります。

幅広い技術に携わること

企業に常駐するということで常に落ちつかない気持ちになるかもしれませんが、様々な企業の仕事をすることによって得られるメリットもあります。場合によってはそこから大きなチャンスが手に入るかもしれません。 詳細へ

必然的に鍛えられるコミュニケーション能力

居場所がころころと変わってしまう客先常駐にとって、コミュニケーション能力は生命線となる重要なスキルです。いくら高い技術があったとしても、聞く力や伝える力がなくては常駐先でいい仕事をすることはできなくなってしまいます。 詳細へ

おすすめ記事をお届け

  • フリーランスで自由を手に入れる
    フリーランスで自由を手に入れる

    自分の時間を自由に操りながら、やりたい仕事を手掛けて収入も大幅に増えるというのであれば、誰でもフリーランスをやりたいと思うのではないでしょうか。手に職のあるシステムエンジニアであればその生活を手に入れることができます。客先常駐という働き方は、キャリアの通過点として見れば悪いことばかりではありませんが、キャリアアップどころか続けていくことすら困難になることもあるため、将来についてよく考えておく必要があります。詳しくはこちら

  • 経験は転職にプラスになる
    経験は転職にプラスになる

    システムエンジニアとしての将来性という観点で客先常駐という働き方を考えてみると、デメリットばかりが目立ってしまいます。しかし、その後転職を考えているのであれば、客先常駐もいい経験として見ることができるでしょう。何よりも、いくつもの企業の現場を見て実際に働くことができる環境は、客先常駐だからできるものでもあります。後は転職のタイミングが遅くなり過ぎてしまわないよう、抜け出すチャンスを見逃さないことです。詳しくはこちら

  • 幅広い技術に携わること
    幅広い技術に携わること

    客先常駐として働く最大のメリットとも言えるのが、システムエンジニアとしての経験値が上がるという点です。契約期間が終了しては次の職場に移るという生活は負担が少なくありませんが、新しい環境でプロジェクトを手掛けることができるのは、上昇志向のある人にとっては魅力でもあります。地道に経験を重ねていけばその先のキャリアにも大いに役立つので、デメリットばかりにとらわれず、仕事に対して積極的な見方をすることも大切です。詳しくはこちら