システムエンジニアは経験を武器に客先常駐から脱出

不満だらけの常駐から抜け出そう!

LINK

経験は転職にプラスになる

経験は転職にプラスになる
Pocket
LINEで送る

客先常駐の経験が活きる転職

IT業界において転職をすることは珍しいことではなく、経験者は企業からも歓迎されるので、客先常駐のシステムエンジニアという立場から脱出する時にはそれまでの経験が大いに役立ちます。客先常駐をしている人の多くは、正社員として仕事をしているにもかかわらず派遣社員のような感覚になることもあれば、実際そのような扱いを受けるという場合すらあります。常駐先で働く期間はその都度異なり、契約期限が来ればその企業での仕事を終え、次の企業へと移ります。仕事の環境が大きく変わるという経験を何度もしていると、適応力や忍耐力も自然とついていきます。これらの経緯は決して楽なものではないかもしれませんが、自社開発のみのシステムエンジニアにはできない経験です。

転職のタイミングを見計らう

客先常駐のシステムエンジニアがそのまま経験を積んでいくと、単価が上がってしまって常駐先が少なくなってしまう場合も少なくありません。普通に考えれば、経験と能力のあるシステムエンジニアの方が常駐先の企業にとっていいのではないかと考えてしまいますが、実際に求められているスキルはそれほど高いものではなく、若くて単価の安い人材が好まれる場合が多いので、経験豊富なベテランエンジニアはむしろ需要が減ってしまいます。また、あまり年齢が上だと仕事についての指示を出す常駐先の社員との年齢差が開き過ぎてしまい、扱いにくいと感じて敬遠されてしまうのです。
しかし、そのような状況になってから転職となると年齢的に選択肢が少なくなってしまうので、早めに行動を開始することをおすすめします。まだ余裕のあるうちから将来についての意識を持ち、いいと思える企業を見つけたらスムーズに転職できるよう準備をしておくと、それまでに客先常駐で培ってきた経験を活かせる仕事に就くことができるでしょう。

身につけられるスキルの限界

様々な企業での仕事を経験できる客先常駐の仕事は、何もわからない新人の頃から続けていけばそれなりにスキルアップしていきますが、基本的には常駐先から指示されたようにコーディングをすることや、プログラムのテストをするなどの比較的単純な業務が中心になり、プロジェクトの中心として開発を引っ張るような仕事はしません。そのままずっと同じ立場で仕事を続けていくとなると、あるところまではスキルアップしたとしても、それ以上伸びなくなってしまう時が来ます。そのため、さらなるスキルアップをするためには、ステップアップのための転職をするのが一番です。ある程度の経験があって年齢もまだ若いならば転職先もたくさん見つけることができるかもしれません。システムエンジニアの求人は数が多いので、30歳以上でも積極的に採用している企業もありますので諦めないで転職活動に励みましょう。

おすすめ記事をお届け

  • フリーランスで自由を手に入れる
    フリーランスで自由を手に入れる

    自分の時間を自由に操りながら、やりたい仕事を手掛けて収入も大幅に増えるというのであれば、誰でもフリーランスをやりたいと思うのではないでしょうか。手に職のあるシステムエンジニアであればその生活を手に入れることができます。客先常駐という働き方は、キャリアの通過点として見れば悪いことばかりではありませんが、キャリアアップどころか続けていくことすら困難になることもあるため、将来についてよく考えておく必要があります。詳しくはこちら

  • 経験は転職にプラスになる
    経験は転職にプラスになる

    システムエンジニアとしての将来性という観点で客先常駐という働き方を考えてみると、デメリットばかりが目立ってしまいます。しかし、その後転職を考えているのであれば、客先常駐もいい経験として見ることができるでしょう。何よりも、いくつもの企業の現場を見て実際に働くことができる環境は、客先常駐だからできるものでもあります。後は転職のタイミングが遅くなり過ぎてしまわないよう、抜け出すチャンスを見逃さないことです。詳しくはこちら

  • 幅広い技術に携わること
    幅広い技術に携わること

    客先常駐として働く最大のメリットとも言えるのが、システムエンジニアとしての経験値が上がるという点です。契約期間が終了しては次の職場に移るという生活は負担が少なくありませんが、新しい環境でプロジェクトを手掛けることができるのは、上昇志向のある人にとっては魅力でもあります。地道に経験を重ねていけばその先のキャリアにも大いに役立つので、デメリットばかりにとらわれず、仕事に対して積極的な見方をすることも大切です。詳しくはこちら